不動産投資,資料一括請求,比較

サイトマップ

不動産投は資料一括請求で比較から始めよう!


■なぜ不動産投資が人気なのか?■
最近サラリーマンの中で話題になるのが不動産投資ですよね。

上がらない給料に将来不安が重なり、今のうちから資金運用しとこうという人が多いそうです。

もちろんお小遣いをアップし充実した生活を送りたい人も多いですよね。
不動産投資は、毎月安定した家賃収入により、収益を上げ資産形成していく投資商品です。

不動産投資は、低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されています。
注目するところは、株やFXなどの投資商品に比べて、ハイリスクではなく長期的、安定的に運用出来るところがポイントです。

不動産投資の人気の理由に、少ない資金で始められ、不動産投資が生命保険の代わりになり、また相続税対策にもなるからです。

 

 

少ない資金で始められる

不動産投資は投資といわれる商品の中で、唯一銀行から融資を受けることができます。
少ない自己資金でも大きなお金を動かすことで、効率的に資産を増やしていくことができます。

条件にもよりますが諸費用分の現金があれば、不動産投資をスタートすることができるのです。
また今の時代は空前の低金利で始めるのには、タイミングが良いです。



 

 

不動産投資で生命保険が不要になる?


銀行に融資を組む際に、団体信用保険に加盟することができます。
この保険に入っていますと、万が一本人が死亡してしまったら保険でローンの残高を払って貰えるのです。

つまり、万が一本人が亡くなるような事があってもその物件のローンはチャラになり不動産は遺族のものになるのです。
残され遺族は住むなり、売るなり自由にできます。

そのため、不動産投資は生命保険の代わりになり生命保険に加入しなくても大丈夫なのです。

上手に運用すれば家賃収入で将来の年金代わりにすることもできます。
年金制度も5年に1度は見直しが入るそうで、見直しで貰える金額が下がるこはあるかもしれませんが、上がることはないでしょうね。
老後に不労所得として不動産があるととても心強いです。

 

 



不動産投資は相続税対策にもなる?

相続対策といえば、不動産投資と言われるほど昔から相続税対策によく使われています。

今年初めの2015年1月1日より、相続税の基礎控除額が縮小されましたよね。
結果的に増税されることになったので、相続税対策はこれまでにも増して非常に重要となっています。

どうして節税になるのかを簡単に一言で言うと、所有する不動産を誰かに貸してると相続税の課税評価額を現金の半分くらいまで評価を下げることができます。
その結果、収めるべき相続税を減らすことができるというものです。





不動産投資Q&A よくある質問





Q
たくさんある物件の中からどんな物件を選んだらいいの?

A

需要のある人気物件は空室リスクが少なく不動産価値も下がりづらいです。
(高値に注意が必要)
将来にわたって需要が望める物件が良いと思います。

 

Q
物件た購入する際に事前に確認しておくことは?

A

実際に現地に行き建物の現地確認はしてください。
また物件の過去の修繕履歴やテナント・入居者についての詳しい内容や、延滞履歴の有無などについても事前に確認しておくことが重要です。

 

Q
普通のサラリーマンでも、銀行から融資は受けらるの?

A

不動産投資は、投資物件自体に担保価値があるので、比較的に融資は受けやすいです。
だが、最近メガバンクは融資がおりづらくなってきてます。
地方銀行などは通りやすいです。
ノンバンク系は積極的に貸し出しをしてますが金利が3?5%とやや高めです。

 

Q
不動産投資でいくらくらい融資を受ける事が可能でしょうか?

A

ご自身の現在の収入・資産状況・購入する物件の条件によって異なりますが目安として、年収の10倍程度まで融資を受けられる可能性があります。
年収500万円の人なら新築マンションの一室は全然可能は範囲です。

都市銀行は投資用ワンルームマンションに対する融資にはあまり積極的ではありません。

 

Q
入居者の退室後にかかるリフォーム代はいくら?

A

リフォーム代は、入居者から預かっている敷金で払います。リフォームといっても壁紙の交換や床のメンテナンスくらいですので敷金で足りると考えられます。万が一敷金を超えた場合でも原則は、入居者負担となりますので、大家さんが支払うことは殆どありません。
しかし、インターフォンやエアコンなどの必要費は、退室など関係なく掛かる費用です。

 

Q
サラリーマンでも、確定申告は必要?

A

はい。必要となります。
マンション経営という”個人事業”を行うことになるため、公務員でも給与所得者でも、確定申告を行う必要があります。
確定申告をするメリットとして、確定申告の際、損益通算を行うことで、所得税・住民税など節税効果が期待できます。

 

Q
自己資金ゼロで物件を購入できますか?

A

ノンバンク系などでは可能なところもあります。
または有名企業で信用がある場合などは、限りなく0に近い頭金で良い場合もあります。
しかし基本的には物件価格の1~3割の自己資金必要とされています。

 

Q
新築と中古の利回りは何%ぐらいが理想?

A

一般的には新築と中古であれば、中古物件の方が表面利回りは高くなりやすいです。

あくまで目安として東京都内であれば新築は5%〜7%、中古で7%〜10%くらいの利回りが確保できれば良いと思います。



 


まずは資料請求へ こちらをクリック!!





複数の不動産投資会社に一度の入力で資料請求が出来るサイトです。

「不動産投は資料一括請求で比較から始めよう!」について

不動産投資は低金利と年金不安を背景に、新たな資金運用先として注目されてます。
少ない資金で始められることでサラリーマンを中心に話題となってます!

Copyright © 不動産投は資料一括請求で比較から始めよう!. All rights reserved
おすすめライブチャット